明けましておめでとうございます。

みなさま、こんにちは

2020年がスタートして半月が過ぎましたね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

少し年末年始を振り返りますと、私はクリスマスは義実家で過ごしました。三歳の息子がサンタクロースの存在を認識した最初のクリスマスだったので、私にとっても特別に感無量なクリスマスになりました。笑

お正月は自宅で夫の友人一家と過ごしたのですが、このご家族と一緒にお正月を過ごすのは恒例イベント化しています。お互い小さな子供がおり、子供の成長を見れるのが楽しみになっています。子供は一年でとんでもなく成長するので毎回驚かされるんですよね。

成長といえば、だいぶ年を取っている私であろうとも日々成長すべく(笑)、昨年から翻訳ストレッチを始めました。

翻訳ストレッチとは、ある翻訳者さんが生み出した朝活で、5分単位で音読中心にさまざまな教材を学ぶものです

私の現在のプログラムは、

  1. 朝ヨガ(太陽礼拝A+時間があればさらに15分ほど延長)
  2. スマホで日経コラム春秋を2本音読 (3分)
  3.  ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)の日仏文を音読(5分)
  4.  毎日の言葉(柳田國男)を音読(5分)
  5.  翻訳仏文法(鷲見洋一)を音読と練習問題を解く(5分)
  6.  Grammaire progressive du français – Niveau perfectionnementを解く(5分)

スマホでタイマーをかけながら行っています。30分程度なので、早起きができなくても仕事を始める前になるべく行うようにしています。また、時間がきても読み続けたくなるのですが、ぐっと抑えています。一度にたくさんの量をこなそうとはせず、あくまで少しずつコツコツと。『継続は力なり』の姿勢です。

けれど、実践し始めてすぐにコツコツの力はすごいなと実感しました。実は『翻訳仏文法』はもう何年も前に購入し最初の数ページを読んだだけで積読本になっていましたが、翻訳ストレッチの教材にし、気づいたらかなりの量を読み進めていたのです。

というわけで、今年は忙しい日でもなるべく翻訳ストレッチをする日を増やしていきたいと思っています。

みなさんは今年何か続けようと思っていることはありますか?

とにかく、みなさんにとっても今年が素晴らしい一年になりますように!

ではまた!

 

翻訳のご依頼やご相談はContactよりお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です